神社での挙式が増えている|少人数でも結婚式はできる|プロに相談すればバッチリ

少人数でも結婚式はできる|プロに相談すればバッチリ

神社での挙式が増えている

新郎新婦

歴史とともに暮らしがあるのが京都です。そんな京都には由緒ある神社が数多くあります。最近では日本の文化が見直され和婚による挙式も増えてきました。和婚の歴史は明治時代と意外に新しいのが特徴です。明治時代に皇室が西洋の挙式スタイルを取り入れる形で始まりました。しかし婚礼の儀は日本でも古くからあります。その原型は室町時代には確認することができ、家と家の結びつきを重視する武家や公家は両家とつながりのある神社で婚礼の儀を行っていました。現在の私たちが知る和婚はこの室町時代の婚礼の儀と明治時代に始まった和洋折衷の婚礼スタイルを合わせたものとなっています。京都で結婚することが決まった方は日本の伝統を肌で感じることができる京都の神社で和婚による婚礼を挙げることをおすすめします。

結婚にかかる総額費用は300万円から400万円が相場とされています。一般的なブライダルの場合は参列する方のご祝儀などもあるためすべてが自己負担となるわけではありませんが、それでも自己負担する金額は決して安くはありません。この結婚式にかかる総額費用も和婚であれば抑えることができます。和婚では初穂料が一般的なブライダル会場の利用料となります。この初穂料は神社によって異なりますがおおよそ5万円から10万円程度です。それ以外にも衣装代やカツラ代など様々な費用が必要となりますが、一般的なブライダルよりも総額費用を抑えやすいのが特徴です。結婚式は親族のみで行いたいと考えている方にとって和婚は最適な挙式スタイルとなっています。京都でこれから結婚式を挙げる方は総額費用も安く抑えることができる和婚で挙式することを検討してみましょう。